PS4でTwitch配信を始めました!始めるにあたって買ったものを紹介

どうもYuyaです。

先日、自分のTwitterでこんなツイートをしました。

ふとTwitterでゲーム配信の話を目にし、気になって調べてみると自分の知るゲーム配信のプラットフォームが進化していてびっくりしたわけですよ。

僕がニコニコ生放送でゲーム配信をしていた頃は、まだゲーム実況の収益化が充実しておらず、ギフティング(投げ銭)みたいなものはほとんど認知されていなかったように思います。

2017年のデータではゲーム実況の市場規模は約5000億円以上ですからね…恐るべし。

スポンサードリンク

というわけでゲーム配信してみる

興味を持ったらすぐにやる圧倒的行動力で自分もゲーム配信をやってみることにしました。
普段から息抜きにゲームやることがあるので、それをマネタイズできたら最強だと思うんです。

選んだ配信サイトは「Twitch」です。
Donation(寄付)の機能もあって、eSportsの公式配信などもあってかなり盛り上がってるサイトです。

現時点では海外勢が強いですが日本人も割りといますし、Twitchの日本オフィスも設立されたので、これからますます普及していくと思います。

Twitch配信のために買ったもの

そして今回はTwitch配信をするにあたって買ったものを紹介します。
基本、僕は PS4単体で完結させたい と思っていたので、PS4周辺機器を買い揃えたという感じです。

ゲーム配信にカメラは必要なさそうに思えますが、意外と重要だったりします。
めちゃくちゃプレイが上手い方なら必要ないかと思いますが、あまりプレイが上手くない僕のようなタイプは、自分というキャラクターで集客しなければなりません。

実際にカメラを付けずに配信したときより、付けて配信した方が視聴数も増えてました。
いわゆる集客のための戦略です。

HyperX Cloud Stinger

お次はヘッドセット。
PS4には付属のイヤフォン兼マイクのセットがありますが、流石にあれだと厳しいなと思ったので、新たにヘッドセットを購入しました。

特に評価も悪くなさそうだったので、5,000円の低価格帯ということでこのモデルにしました。

このヘッドセットはHyperXというシリーズで6機種出ているんですが、今回購入したのは下から3目の機種。ちょうど中間くらいのモデルですね。
詳しくはレビューで書きますが、使い勝手が良いので、今後は上位機種の購入も検討していこうかなと思ってます。

まとめ

PS4はブロードキャスト機能があるので、機材が少なくて助かりますね。
ぜひ、気になった方はゲーム配信やってみてはどうでしょうか?

僕のTwitchチャンネルはこちら

 

 

▼関連記事▼
【レビュー】HyperX Cloud Stingerを買った感想!初心者おすすめのゲーミングヘッドセット