【レビュー】アナログでパスワード管理するならこれ!ハイタイドのパスワードブック

突然ですが、みなさんはパスワード管理はどうされていますか?

近年、Webサイトやアプリが増え、パスワードも膨大になってきています。流石に覚えておくのは無理なので、デジタルやアナログで管理しているという方も多いでしょう。

ちなみに僕はデジタルで管理していて、「1Password」というアプリケーションで管理しています。iPhoneでもMac OS間でも共有できる上にパスワード生成が優秀で、ずっと課金して使ってます。

1Password

1Password

AgileBits Inc.無料posted withアプリーチ

>>Mac OS版はこちら

しかし、心配なのがデジタル管理がゆえに1Passwordがサービスを終了してしまったり、あるいは1Passwordのパスワード自体を忘れてしまうなんて事です。

 ひとつの管理アプリに依存するのはあまりにリスキーなので、今回アナログでバックアップを取ろうと決めました。 

アナログ管理での欠点

もちろん、アナログでパスワード管理をする上でのデメリットもあります。紙という性質上、燃えるとか濡れるとか…そういう事ではなく、 自分でフォーマットを作らなければならないということです。  

つまり、ノートにつらつらとパスワードを書いても、どのサービスのものか、どのURLのパスワードなのか、パスワード再設定用のメールアドレスは何か等々、書くことがあまりにも多いのです。

これでは、せっかくのアナログ管理で混乱してしまいます。 そこで購入したのが、今回ご紹介するパスワード管理用のパスワードブックです。 

ハイタイド パスワードブック 

非常にコンパクトなこのパスワードブック。ハイタイドというメーカから出ているものです。写真ではなかなか伝わらないと思いますが、表紙の質が若干ザラザラとして、見た目も上品。

“MEMO BOOK”の文字も金色で光ってます。

見開きで開くとこんな感じです。

 1つのパスワードにつき片面ページ全てになります。ページ単位で管理ができるので、混乱しないですね。 

上からサイト名、ID・ユーザー名、パスワードとなっており、URLを書く欄があります。下には罫線だけ引かれた空欄があるので、パスワード再設定用の質問などを僕は書いてます。

 あらかじめフォーマットがあるので、やっぱり使い勝手は良いです。 ひとつだけ言わせてもらうと、パスワードの欄をもう少し増やして欲しかったです。
僕はパスワードをランダム生成しているので20文字以上のめちゃくちゃ長いパスワードもあったりするんですよね。苦笑

とはいえ、下の用意されたフリースペースに書けるので、どうにでもなりますが。

まとめ

パスワードのアナログ管理をするパスワードブック。かなり使い勝手が良く、僕は満足です。Amazonで500円ちょっとで買えるので、ぜひお試しください。

6色のカラーバリエーションもあるので、自分色のパスワードブックにできます。(今回、購入したのはネイビーです。)

僕も気をつけますが、パスワードブックはしっかり管理して下さいね!以上、ハイタイドのパスワードブックでした。