学生・社会人におすすめの情報収集の方法!メリットや重要性について

みなさんは每日ニュースをしっかりチェックしていますか?
正直、一年前までぼくはニュースなんて何の役に立つの?なんて思ってました。

今回は、日々の生活の中に意識的に情報収集を取り入れて、「良かったメリットについて」や「大学生や社会人におすすめの情報収集のやり方」を紹介したいと思います。

情報の重要性に気付いたきっかけ

そもそものきっかけは、たまたまYouTubeで見かけた堀江貴文さんの近畿大学卒業スピーチの動画です。この動画で情報の重要性を知り、積極的に情報に触れる機会を増やしました。

動画内で堀江さんは 「今の常識は10年後、20年後は全く通用しないようになっている可能性が非常に高い。「これからは情報を自分で収集して自分の頭で考えて行動する力を身につけることが必要だ」 とおっしゃています。

これって今の若者にとって、かなり重要な事だと思うんですが、ニュースは若者をうまく取り込めていない上に、若者自身が情報の重要性を理解していないのが現状です。

ぼくの周りでも政治や社会に対して関心の高い友達はほとんどいません。ちょうどこの動画を見たのが1年前ぐらいで、それから每日情報を自分で集めることを意識的にはじめました。

スポンサードリンク

情報収集をして得たメリット

考える癖がついた

f:id:sakayu9803:20171101205517p:plain

これは1番の大きな恩恵かもしれません。情報に流される人間の大きな理由は 「自分で考えない」 からだと思います。

フェイクニュースなんてものが話題にもなっていましたが、本当にそれは正しいのか、何故そういう事になっているのかを考えることは結果として自分を守るすべにもなります。

情報の価値を知れた

f:id:sakayu9803:20171101205541p:plain

今の世の中は情報社会として発展しており、情報なんていくらでもあります。

分からないことがあればインターネットにアクセスすれば簡単に手に入りますし、誰もがある程度、情報に対して充実した環境に身を置いています。

 だからこそ、情報は自分でしっかり選ぶべきなんじゃないかなと思います。 

芸能界のゴシップより、この先役に立つ情報の方が価値があるというのは、言わずもがなです。テレビ、ネットニュースももちろんタメにはなりますが、書籍をはじめとするお金を払って得る情報の方が効率的にも、質的にも勝っているということを学べました。

視野が広がった

f:id:sakayu9803:20171101205621p:plain

これは大きいと思います。 視野がとても広がりました。  

現在、ぼくは学生という立場で学校としか繋がっていないので、社会なんて知らないペーペーです。
今後、間違いなく社会で生きていくのであらかじめ社会を知ることは大きな手助けになります。きっと。

それと同時に、個人的には職業を知れたことが大きかったです。こんな生き方があるのか、こんな事が仕事になるんだと勉強になりました。職業選択の自由があるのに、そもそもの職業を知らないと損ですよね。

ニュース(情報)初心者のぼくが実践したこと

新聞

最初にぼくが試したのは新聞を読むことです。ネットでは新聞社の比較サイトがあるので、どの新聞が自分にあっているか検討するのが良いかもしれません。ぼくは日経新聞を読んでいました。

 新聞を読むメリットとしては、ネットニュースより質が高いことがまず挙げられます 
記者の方が時間をかけて取材をされてるの当然です。

新聞というと、ちょっと難しいんじゃないかと身構えてしまいますが、無理して全部読もうとしなくても大丈夫です。文字量が半端じゃない(新書1~2冊相当)ので。初心者におすすめの読み方としては見出しをざっと見て、興味のある所だけを読むのが良いです。

デメリットとしては費用がかかるかさばること。最近ではアプリで読める新聞もあるのでそれでも良いですね。

ネットニュース

最近の若者の大半がネットニュースなんじゃないかなと思います。
常に持ち歩いている スマートフォンで簡単に読めるので、電車等、移動時間でも読めるのがメリットです。 また、情報が早く1日の更新頻度も多いので常に新しいものをいち早く取り入れることが出来ます。

デメリットとしては、先ほど新聞の方で書きました、情報の質があまり高くないことが挙げられます。
ネットニュースとはいえサイトによってはジャンル等偏りやすいので、幅広く取り入れて何が正しいのかを見きわめる事が重要です。

テレビ、ラジオでは情報収集はしなかった

 テレビ、ラジオは効率が悪い というのが正直な感想です。
しかし、難しいことが言葉が使われることなく、解説が分かりやすいので、分かりやすいほうが良いって人にはいいのかもしれません。

あと、最近だと偏向報道の問題が増えてきているので、テレビは大きなメディアだからといって信用するのは危険です。
情報は自分で選んで自分で考えましょう。

おすすめの情報収集の方法

では、どうやって情報収集をするのか。
僕自身が実際に新聞や雑誌、テレビなどあらゆるメディア媒体を使って導き出した答えを紹介します。

今現在、情報収集のメインになっているものが「News Picks」というアプリです。(Web版もあります)
このアプリがめちゃくちゃ凄いです。

NewsPicks
無料
(2018.03.13時点)
posted with ポチレバ
スポンサードリンク

News Picksの何が良いのか

質が圧倒的に高い

位置づけ的にはネットニュースになると思いますが、スマートニュース、グノシーをはじめとするキュレーションメディアとは大きく違います。
 News Picksでは独自コンテンツが充実しており、より専門的な質の高い記事が多くあります。 

ここでしか見られない豪華インタビュー記事なんてものもバンバン入ってきます。

初心者はニュースの読み方を学べる

 このアプリの魅力はSNSのような作りになっていることです。  一人ひとりが自分のアカウントを持って、ニュースに対してコメントをすることが出来ます。

利用者には多くの著名人もおり、堀江貴文さんや竹中平蔵さんなど、一流のビジネスマンや学者の方がいらっしゃいます。
利用している人は実名制なので、質の高いコメントが多く、たくさんの意見を参考に出来るため、初心者にとってもニュースの読み方を学べます。

学割プランも始まったので学生の方もぜひインストールすることをおすすめします。

まとめ

ざっとまとめましたが、まだまだこれからの人生で得た情報が役に立つ機会はたくさんあると思います。

学生の方はもちろん、社会人の方も普段のニュースからしっかり学びを得てみてはどうでしょうか。具体的な情報収集の方法については追って記事にしたいと思います!

 

 

【時間は有限】ぼくがやらないと決めたものを紹介する