【2018最新】アルバイト以外で学生が効率よく稼ぐ方法まとめ

「買いたい物があるけどお小遣いサイトじゃ厳しい…」「うちの学校はアルバイト禁止だから…」
学生という自由な時間を持っていても、お金が無いとなかなか好きに遊んだりすることが出来ませんよね。

今回はそんな学生を救うべく、アルバイト以外で稼ぐ方法を紹介します。
ほとんどが 効率よく稼ぐポテンシャルを秘めたものになっているので、しっかりやればアルバイトの時給より稼ぐことが出来ます。 

スポンサードリンク

アルバイト以外で学生が効率よく稼ぐ方法まとめ

マクロミルで稼ぐ

マクロミル

マクロミルというサイトを御存知でしょうか?

マクロミルはアンケートに答えるだけで、稼げてしまうアンケートモニターのサイトです。

 スマートフォンひとつで出来てしまうので、スキマ時間にお小遣い稼ぎが出来ます。(PCも可) 

仕組みとしては、企業から依頼されたアンケートに答えると、ポイントが貰えるので、そのポイントをショッピングに使ったり、Amazonギフト券に変えたり、あるいは普通に現金にしてしまうことが出来ます。

1ポイント=1円相当

ポチポチやるだけで稼げるので、学生はもちろん、最近では主婦の副業としても人気が高いです。

 

ココナラで特技(スキル)を売る

ココナラ

ココナラは自分の得意なことを売れるというサービス。

似顔絵や占い、動画制作など様々なスキルを販売することができ、価格も自分で設定できます。
 クリエイティブ系のスキルがある方にはかなり稼ぎやすいサービスです。 

また、美容やファッションのカテゴリにも多くのユーザーがいるので、女性はその辺をターゲットにしてみると良いでしょう。

 

▼関連記事▼
【初心者でもできる】スキルや知識を販売する!ココナラで稼ぐ方法

ブログ・アフィリエイト

自分のサイトを作って、広告収入を得るというネットビジネスのひとつ。
 特にアフィリエイトは単価が高く、かなり稼げます。 

ただ注意点としては、すぐには結果が出ないところです。
今スグにでも稼ぎたいと言う人には不向きです。

 

クラウドソーシング

お小遣い、副業としても人気のクラウドソーシング。

おすすめはこの「Bizseek」というサイトです。
 このサービスだけで月に数十万円も稼ぐ人もいるので、頑張れば頑張るほど稼ぐことが出来ます。 

かなりスキルを求められそうですが、ライティングでは未経験OKで体験談を書くだけというものもありますし、ネットでのお買い物代行なんてものもあります。

探していみると、意外と敷居が低いので少しでも興味がある方は登録して案件をチェックしてみて下さい。

PIXTAで写真、イラスト、動画を販売

PIXTAは自分が撮った写真、イラスト、動画などを販売できるサイト。

写真が好きな方はもちろん、学生にとっても狙い目のサービスです。

こうした写真販売サイトでは 校舎や教室といった学校に関する写真がかなり需要が高い ので、学生はぜひ学校関連の写真を販売してみると良いかもしれません。

自分の販売した写真、イラスト、動画は素材として販売されるので、購入される度に報酬が入ってきます。
かなり効率の良く稼ぐ事ができるので、おすすめです。

まとめ

アルバイトで稼ぐ方法はたくさんあります。
学生のうちにアルバイトではない方法でお金を得るというのも経験しておくと良いでしょう。

ぜひ、自分に合ったサービスで取り組んでみて下さい。

 

 

関連記事:お金がない時の乗り切り方!今すぐできる不安解消の為の方法