IllustratorとPhotoshopどちらを先に勉強するべきか問題について

どうもYuyaです。
最近 「IllustratorとPhotoshopどっちから勉強すれば良いか分からない…」 なんて話をよくSNS等で見かけるようになりました。

恐らく、IllustratorとPhotoshopの存在は知っているけど具体的な違いが分からないから、自分はどちらを優先するべきか分からないというのが原因だと思います。

今回は、あなたがどちらのソフトを優先して勉強すべきか解説していきたいと思います!

IllustratorとPhotoshopの違い

IllustratorとPhotoshopは混同されがちですが、そもそもの目的が違います。

ここでは、「Illustratorの得意なこと」「Photoshopの得意なこと」を紹介します。

Illustratorの得意なこと

Illustratorはロゴやテキストを扱うレイアウトなどが得意です。

この作品は昔自分が制作したもので、全てIllustratorで制作しました。
見てもらえれば分かると思いますが、 線や塗りだけで構成されています。 

少し難しい話になりますが、Illustratorはベクター画像というデータを扱っており、拡大してもドットが見えること無く、ぼやけないという特徴があります。

 ですので、こうしたはっきりしたイラストやロゴなどに向いているのです。 
スポンサードリンク

Photoshopの得意なこと

Photoshopは写真加工をはじめとする画像の処理が得意です。

この作品もPhotoshopだけで制作したものになります。
海外のモデルの画像に水彩表現や木など自然のものを合成しました。

Illustratorのベクター画像に対して、Photoshopはビットマップ画像というデータを扱っており、すべてドットと呼ばれるものが集まって構成されています。拡大すると集まったドットが粒として見え、荒く見えるのが特徴です。

【結論】どちらを選ぶべきか

基本的にデザイナーであれば両ソフト使えた方が良いです。
それぞれ得意なことが違うので、場面によって使い分けが必要になってきます。

しかし趣味やちょっと勉強したいという人は次のような用途に合わせて選ぶと良いですよ。

Illustrator…イラストやロゴを作りたい人。

Photoshop…写真の加工・合成をしたい人。

似ているようで目的の異なったソフトなので、自分がやりたいことに沿って選択していくのがおすすめです。

 

▼よりIllustratorとPhotoshopについて学びたい方はこちらの本▼