【初心者必見】初めてのボルダリングで気をつけるべき4つのポイント

どうもYuyaです。

先日、三宅島で初めてのボルダリングをしてきました。
初心者だからこそ感じたボルダリングの気をつけるべきポイントなどまとめます。

ボルダリング(bouldering)とは、フリークライミングスポーツクライミングの一種で最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石を登るスポーツである。

(Wikipediaより引用)

初めてのボルダリングで気をつけるべきポイント4つ!

f:id:sakayu9803:20170827110714j:plain

できれば友達と行ったほうが良いよ!

ボルダリングってもちろん1人でやるスポーツではあるんですが、

初心者はできれば友達と行ったほうが良い。

というのも、最初はどのホールド(つかむ所)を掴めばいいのか分からずに、登っているうちにもうわけが分からなくなります。
しがみつくのに必死で。笑

そんなとき一緒に来た友達がいれば「右に足を置くといいよ!」とか「左の方を掴んでみたら?」なんてアドバイスがあるとすごい助かるんです。
特に足元なんて全然把握できてないですし。

登る時は腕より頭を使う!

ボルダリングって上手く出来ていて、力任せに登るのって上手くいかないです。

僕自身、初めて登った時に「あ、動けない…詰んだ」と何度も進めなくなってました。

登る前にホールドをつかむ順番を決めておくと良いです。ボルダリングは戦略ゲームでもある…深い。

次の日は動けない事を覚悟しておく!

これは声を大にして言いたい。

ボルダリングは全身を使って登るので、最初はハンパじゃなく疲れます。

特に初心者は腕にばかり力が入ってしまうので、腕が張って、物が掴めなくなったりします。

ちなみに僕は腕、肩、太もも、あらゆる部位を使い果たし、翌日は筋肉痛でガチガチになって動けませんでした。あと、握力がもう3歳児ぐらいになりましたね。笑

次の日の予定を見て、できれば休める時間を確保しておくのが良いと思いますよ!

調子に乗らない!

大したポイントでもないように見えますが、大事。

ボルダリングは数時間やって流れをつかんでくると、慣れてドンドン登っていっちゃいます。
僕は夢中になって8m登ってしまい、怖くて帰れなくなるというアホ丸出しの醜態を晒しました。(頑張って降りたよ!)

場所によっては高くまで登れたりするので、高所恐怖症だという方はあまり調子に乗らないようにね!

初心者でも楽しいのは間違いない!

ボルダリングは人工の壁をゴールまで登るというシンプルなスポーツ。

子供から大人まで楽めるのは間違いないです。 頭も使いますし、体幹だったりも鍛えられます。難易度が設定されおり、
自分のレベルに合わせて挑戦できるので安全です。

準備するのもシューズだけで十分なので、気軽に始められのもGood!またやりたいなぁ…。