初心者におすすめのアメコミを紹介【翻訳本】

アメコミ

今回は、初心者におすすめのアメコミを紹介します。翻訳本なので、英語だと読めないという方でも大丈夫です!

それではいきましょう。

ベスト・オブ・スパイダーマン

スパイダーマンの歴史を振り返れる一冊。スパイダーマンの誕生から名作、傑作を網羅しており、 はじめてのスパイダーマンはこれで決まり。 

また、解説書(小冊子)が付属しており、より細かいスパイダーマンの歴史やエピソードについても知ることが出来ます。

 

WATCHMEN ウォッチメン

アメコミ史上最高峰のコミックスと言っても過言ではないくらい、不屈の名作。初心者、玄人問わず、非常に人気の高い作品です。

もちろん、これも翻訳本なのですがボリューム満点でかなり濃いです。コミックスなのに映画を見ているかのような没入感があります。映画も出ているので、これを読んだあとに観てみるのも良いですね。

 

バットマン イヤーワン/イヤーツー

DCコミックスといえば、バットマンでしょう。バットマンの誕生から1年目の活動、更にその後のストーリーに至るまで、バットマンを知る上で必要不可欠な一冊。各ストーリーが一冊にまとまっています。

特にイヤーワンは読んでおきたいですね。 バットマンをこれから読みたいひとはまずはこれから! 

 

スポンサードリンク

バットマン:キリングジョーク 完全版

バットマンを語る上で外せないジョーカーの存在。ジョーカー誕生の背景も書かれており、かなり好評です。

なかでもストーリーの評価が高く、圧巻の展開が待っています。傑作!

 

グリーンランタン:シークレットオリジン

グリーンランタンはジャスティス・リーグの一員として認知されている方も多いでしょう。今作はグリーンランタンのソロでのストーリーで、 グリーンランタンの誕生を描いています。 

こちらは2011年に映画も出ていますが、コミックスの方が分かりやすいという口コミもあるので、映画は後で補足程度に楽しむと良いですね。グリーンランタン入門編としてどうぞ。

 

デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス

最高にぶっ飛んだデッドプール。日本でも映画が公開され、ご存知の方もきっと多いはず。僕も個人的に大好きなキャラクターです。

そんなデッドプールの初の翻訳本となった「デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス」こちらも解説がついているので、 世界観がまだ分からないという方にもおすすめです。 

 

バットマン:アーカム・アサイラム 完全版

これは個人的に凄くおすすめしたいのですが、 アメコミのイラストが好きな方へ。 

もはやコミックスの枠を飛び出たアートです、芸術作品です。書き込みの量もそうですが、繊細なイラストは素晴らしいです。しつこいようですが、アメコミのイラストが好きな人はぜひ読んでみて下さい!

 

最後に、アメコミ映画を見るなら

余談になりますが、アメコミ映画を見るならU-NEXTがおすすめです。ジャスティスリーグや、バットマン、スーパーマンといった過去作品もありますし、アメコミ映画だけでなくアメコミのドラマも充実しています。

フラッシュやアローなどのドラマは全シーズン見れるので、ぜひ見ておくと良いですよ!海外ドラマって普通にお店でレンタルとかすると1本に数話しか入ってないので、全部見ようとすると高くなるんですよね…(経験談)

U-NEXTは定額1,990円/月で見放題なので、 アメコミ作品を見まくりたい人におすすめです。  

無料体験が31日間!これを活用すべし

 ちなみにU-NEXTでは無料体験期間が31日間あるので、この期間で見てしまえば、無料で楽しめてしまいます…! 

1ヶ月もあれば、かなりの作品を視聴できるので、ぜひ活用するべきです!(無料期間中に解約もできます)

 

関連記事: 【初心者必見】アメコミの買い方・おすすめのショップを紹介!