【初心者必見】アメコミの買い方・おすすめのショップを紹介!

アベンジャーズ、アイアンマン、デッドプールなど、最近はアメコミの映画がかなり人気になってますね。映画を見た人の中には原作を読んでみたいと思う方もいることでしょう。

今回はアメリカン・コミックス(通称アメコミ)を買う上でのポイントやアメコミの買えるおすすめのショップを紹介していきたいと思います。ぜひ参考にして下さい!

アメコミの種類

・リーフ(1話分)

・TPB(日本で言う単行本)

・ハードカバー(リッチな単行本)

日本の漫画と違い、アメコミでは様々な売り方をしています。例えば、リーフと呼ばれる形式なんかは特徴的で、1話分だけ掲載され、薄いパンフレットのようになっています。

このリーフをまとめたものがTPB(トレード・ペーパーバック)という形式で、日本の単行本なんかと同様、5〜10話ほどがまとめて載っています。

リーフをまとめたものはTPBだけでなく、豪華なハードカバーという図鑑のような形で販売しているものもあります。 もう、何がなんだか多すぎて混乱してしまいそうになりますが、最初はあまり気にせずに自分の好きな作品を買っちゃうのが良いですよ。 

リーフ本を買う上での注意点

手軽に試し読みができるのでリーフ本を買うという事も最初は多いと思います。初めてリーフ本を買う人に向けて、少しポイントを。

見ての通りリーフは薄すぎてペラペラなので、初めて購入する場合はビニールと厚紙を準備しておくと良いです。

後で紹介するショップではコミックと一緒に置いてあるので一緒に購入しときましょう。

アメコミが買えるショップ

アメコミについては大体わかったけど、アメコミが買えるのはどこ…?となりますよね。

都内であれば、 秋葉原のBlister Comics (ブリスターコミックス)が有名です。最近だと池袋にできたVerse COMICS(ヴァースコミックス)もおすすめです! 

地方在住の方はなかなかアメコミを取り揃えているお店を見つけるのは難しいかもしれませんが、ヴィレッジヴァンガードで翻訳本を見かけるので、そちらもチェックしてみると良いですね。

アメコミ映画を見るなら

余談になりますが、アメコミ映画を見るならU-NEXTがおすすめです。ジャスティスリーグや、バットマン、スーパーマンといった過去作品もありますし、アメコミ映画だけでなくアメコミのドラマも充実しています。

フラッシュやアローなどのドラマは全シーズン見れるので、ぜひ見ておくと良いですよ!海外ドラマって普通にお店でレンタルとかすると1本に数話しか入ってないので、全部見ようとすると高くなるんですよね…(経験談)

U-NEXTは定額1,990円/月で見放題なので、 アメコミ作品を見まくりたい人におすすめです。  

無料体験が31日間!これを活用すべし

 ちなみにU-NEXTでは無料体験期間が31日間あるので、この期間で見てしまえば、無料で楽しめてしまいます…! 

1ヶ月もあれば、かなりの作品を視聴できるので、ぜひ活用するべきです!(無料期間中に解約もできます)

 

 

関連記事: まずはこれ!初心者におすすめのアメコミを紹介【翻訳本】